[日本語帯・解説付],''1971,1971,[Live,ミュージック , クラシック , 交響曲・管弦楽曲・協奏曲,Arita,第1集,(Masahiro,kokura-rugby.sakura.ne.jp,[CD],有田正広の軌跡,[国内プレス],Archives,1972,1972''),Recording],2380円,/louk672840.html,Vol.1 [日本語帯・解説付],''1971,1971,[Live,ミュージック , クラシック , 交響曲・管弦楽曲・協奏曲,Arita,第1集,(Masahiro,kokura-rugby.sakura.ne.jp,[CD],有田正広の軌跡,[国内プレス],Archives,1972,1972''),Recording],2380円,/louk672840.html,Vol.1 2380円 有田正広の軌跡 第1集 1971 1972 (Masahiro Arita Archives Vol.1 ''1971 1972'') [CD] [Live Recording] [国内プレス] [日本語帯・解説付] ミュージック クラシック 交響曲・管弦楽曲・協奏曲 有田正広の軌跡 第1集 1971 1972 Masahiro Arita Archives Vol.1 Live 解説付 ''1971 CD 国内プレス 1972'' Recording 記念日 日本語帯 2380円 有田正広の軌跡 第1集 1971 1972 (Masahiro Arita Archives Vol.1 ''1971 1972'') [CD] [Live Recording] [国内プレス] [日本語帯・解説付] ミュージック クラシック 交響曲・管弦楽曲・協奏曲 有田正広の軌跡 第1集 1971 1972 Masahiro Arita Archives Vol.1 Live 解説付 ''1971 CD 国内プレス 1972'' Recording 記念日 日本語帯

有田正広の軌跡 第1集 1971 1972 ※アウトレット品 Masahiro Arita Archives Vol.1 Live 解説付 ''1971 CD 国内プレス 1972'' Recording 記念日 日本語帯

有田正広の軌跡 第1集 1971 1972 (Masahiro Arita Archives Vol.1 ''1971 1972'') [CD] [Live Recording] [国内プレス] [日本語帯・解説付]

2380円

有田正広の軌跡 第1集 1971 1972 (Masahiro Arita Archives Vol.1 ''1971 1972'') [CD] [Live Recording] [国内プレス] [日本語帯・解説付]

商品の説明

内容紹介

すべて初CD化音源 ! 貴重なライヴ録音で綴る音楽家・有田正広の歴史
芥川也寸志ら豪華共演者にも注目のアーカイヴ・シリーズ、2タイトル同時発売 !

若き音楽家の強烈なる個性 !
有田正広が現代楽器を吹いた貴重な記録
共演者の豪華さも見逃せない70年代のライヴ録音
ALTUSの最新リマスターで初CD化

[商品番号: ALT-427] [CD] [国内プレス] [STEREO] [Live] [初CD化] [日本語帯・解説付] [ALTUS]

[収録内容]
1. マルタン: フルートとピアノのためのバラード
2. モーツァルト: フルート協奏曲 第2番 ニ長調 K.314 (285d)
3. モーツァルト: フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299 (297c)

有田正広 (モダン・フルート)
M-1: 本荘玲子 (ピアノ)
M-2: 芥川也寸志 (指揮) | 東京交響楽団
M-3: 篠﨑史子 (ハープ) | 尾高忠明 (指揮) | 東京藝術大学・桐朋学園大学による合同オーケストラ

[ライヴ録音]
M-1: 1971年9月26日/ ヤマハホール (NHK・毎日音楽コンクール 第2次予選)
M-2: 1972年9月20日/ 渋谷公会堂
M-3: 1972年9月28日/ 都市センターホール

★ 2019年に古希を迎えたフルーティスト、有田正広の軌跡を辿るシリーズ第1弾。有田氏自身が保管していた音源から思い出に残る録音を自ら選んで構成したアルバムで、すべて初CD化という貴重な音源ばかり。
★ 第1集は有田氏が大学生だった1971年と、卒業後間もない1972年の録音を集めた内容で、すべて現代楽器による演奏です。本荘玲子、芥川也寸志、篠﨑史子、尾高忠明と共演者も名人揃い。古楽器奏者としてのイメージが強いながら、現代楽器も分け隔てなく吹きこなしキャリアを積み上げてきた有田氏の原点ともいうべき演奏が詰まっています。学生時代に出場したコンクールの演奏であるマルタン「バラード」は一種異様な緊張感と表現が煮えたぎるような恐ろしい演奏で、一人の音楽家の誕生を強烈に印象付けます。そして懐の大きな管弦楽と共に喜ばしく協奏し飛翔するモーツァルトは、その後の演奏家としての大きな可能性を感じさせるものとなっています。芥川也寸志の指揮も大注目です。
★ 有田氏へのインタビューをもとに構成したブックレットは当時の逸話などもたくさん入っていて大変面白い内容。本人提供の貴重写真も数多く掲載しています。またジャケットに使われている写真は坂田栄一郎氏の撮影で、雑誌「AERA」で表紙を飾ったもの。パッケージにも歴史が詰まっています。

アーティストについて

有田正広 プロフィール
1971年、第40回NHK・毎日音楽コンクール(現、日本音楽コンクール)で第1位を獲得。翌年、桐朋学園大学を首席で卒業。73年、ベルギーのブリュッセル王立音楽院に留学。74年からはコレギウム・アウレウムのメンバーとして、ヨーロッパ、日本などで活動。75年、王立音楽院をプルミエ・プリで卒業。同年、ブルージュ国際音楽コンクールのフラウト・トラヴェルソ部門で第1位となる。77年、オランダのデン・ハーグ王立音楽院に入学、半年で最高栄誉賞つきソリスト・ディプロマを得て、卒業。帰国後も、フランス・ブリュッヘン指揮「18世紀オーケストラ」、クイケン兄弟、トレヴァー・ピノック指揮「イングリッシュ・コンサート」など、内外の名手たちとも盛んに共演。ルネサンスから現代に至る400年間に変遷を遂げた様々なフルートを駆使する演奏は、有田ならではのもので、さまざまな時代の作品に輝かしい光を与え、人々を魅了しつづけるアーティストとして高い評価を得ている。
89年には「東京バッハ・モーツァルト・オーケストラ」を結成。指揮者として結成記念公演を行い、絶賛された。2006年にはモーツァルト生誕250年を記念し、モーツァルトのフルートとオーケストラのための作品全5曲を自身の指揮と演奏により一晩で演奏するという快挙を成し遂げ、話題を呼んだ。09年には同オーケストラを更に発展させ、ロマン派をレパートリーとする日本初のオリジナル楽器によるオーケストラ「クラシカル・プレイヤーズ東京」を結成。古楽器と現代楽器の枠を超えた新たな音楽的創造の領域へとさらに活動の場を広げている。
録音は「ドイツ・バロックのフルート音楽」(レコード・アカデミー賞2部門と文化庁芸術作品賞)などアルヒーフ、DENONアリアーレ、avex-CLASSICSからリリース多数。
第21回サントリー音楽賞受賞。現在、昭和音楽大学客員教授、桐朋学園大学特任教授。
2018年に第30回ミュージック・ペンクラブ音楽賞クラシック部門特別賞を受賞。

有田正広の軌跡 第1集 1971 1972 (Masahiro Arita Archives Vol.1 ''1971 1972'') [CD] [Live Recording] [国内プレス] [日本語帯・解説付]

ニュース

一覧を見る

広く知りたい

魅力あふれる科学の取り組みを分かりやすく紹介するWebマガジンです。多くの方にとって科学技術が身近なものになるよう、科学と暮らしの関係にフォーカスした情報をタイムリーに発信します。

暮らしの中の身近な題材から最先端の科学技術の紹介まで、子どもも大人も楽しみながら科学に触れることができる番組作りを目指しています。ご家庭ではもちろん、学習にもご利用いただけます。

科学技術の動画ニュースです。日本の科学技術が直面する課題や新しい研究成果について、分かりやすくコンパクトに紹介します。

いろいろな科学の話を分かりやすく紹介します。

深く掘り下げたい

科学技術が目指すちょっとまじめな側面を、識者が熱く語ってくれます。たまにはディープなお話も。

科学技術のさまざまな分野で活躍している方々に編集者がインタビューして、新しい挑戦課題や具体的な取組み、今後の展望などを紹介します。

編集部が注目する科学技術をめぐる新しい動きについて詳しく解説します。

科学技術がかかわる世界でいま求められていることを、第一線の研究者やジャーナリストに提言してもらいました。

シンポジウムや学会・セミナーの講演などから、講演者の発言要旨をまとめました。

シンポジウムや学会・セミナーの報告や、関心の高い科学技術テーマなどについて紹介します。

イベント

科学イベントや企画展、サイエンスカフェなどの開催情報を掲載します。

外部情報

プレスリリース

研究機関、大学、政府官公庁、企業などのプレスリリース情報を掲載しています。

ニュースサーチ

外部メディアなどが報じる国内の科学・技術に関する情報を集めて掲載しています。

その他コンテンツ

その他、科学関係の役立つコンテンツを紹介します。

  • マガジン

    Webで読めるマガジンや機関誌へのリンクを集めました。

  • 科学サイトリンク集

    科学技術に関するWebサイトのリンクをまとめています。

  • ファンド・各種募集

    研究助成などのファンド情報や、研究に関する各種募集などを掲載します。

ページトップへ