Fool on 最新アイテム Hill the the,Fool,/eclogite1345623.html,kokura-rugby.sakura.ne.jp,on,Hill,837円,ミュージック , ヒーリング・ニューエイジ , イージーリスニング 837円 Fool on the Hill ミュージック ヒーリング・ニューエイジ イージーリスニング 837円 Fool on the Hill ミュージック ヒーリング・ニューエイジ イージーリスニング Fool on 最新アイテム Hill the the,Fool,/eclogite1345623.html,kokura-rugby.sakura.ne.jp,on,Hill,837円,ミュージック , ヒーリング・ニューエイジ , イージーリスニング

Fool on 最新アイテム Hill the お見舞い

Fool on the Hill

837円

Fool on the Hill

商品の説明

Amazonレビュー

Mendes rode the Brazilian craze of the mid-1960s and became one of Herb Albert's signature artists, even as the hits dried up and the records started going psychedelic. Before he became a slick popster, he was a pretty fair bossa pianist, but his real talent lay in contemporizing (ethnicizing) Up with People-type vocalists and laying commercial Brazilian tracks behind the Beatles' title track and "Scarborough Fair", as well as some of Brazil's own. In the early 70s he started to get into his roots, recording in the lounge/art-rock mixture that Hermeto Pascoal and Cateno Veloso were exploring. He lost his audience until the '80s, when he went uselessly synth. But Brazil 66 is so evocative of a time long passed that by the nineties, its music has become ubiquitous in every "lounge" in the country. --D. Strauss

Fool on the Hill

  • 標準
  • 拡大

お知らせ
大原社会問題研究所の来館サービスについて
お知らせ
11/27 大原社会政策研究会(第88回)のお知らせ
お知らせ
月例研究会(11/24オンライン開催): 「水俣チッソの労使関係―『水俣に生きた労働者』(明石書店)の執筆・編集に関わって―」
お知らせ
12/19(日) マックス・ヴェーバー没後百年シンポジウム「学知の危機とマックス・ヴェーバー――科学主義と反知性主義を超える」のご案内
お知らせ
グローバル・レイバーヒストリー・ネットワーク(GLHN)より第3回会議(2022年3月6~12日セネガル)のお知らせ
お知らせ
サティ:ピアノ作品集(3)
お知らせ
グローバル・レイバーヒストリー・ネットワーク(GLHN)よりお知らせ:Fifth International Conference on Strikes and Social Conflicts in the 21st Century
イベント
第13回 大原社研シネマ・フォーラム 11/26 『卵子提供―美談の裏側』、12/10『代理出産―繁殖階級の女?』オンライン連続上映会のご案内
お知らせ
Poster Exhibitions are now available for browsing
お知らせ
大原社会問題研究所雑誌 757号(2021年11月号)最新号目次公開
お知らせ
大原社会問題研究所雑誌 755・756合併号(2021年9・10月号)PDF公開

American Tune